発声のためのケア「Vocal Conditioning」 

皆さんは声を使った後どのようなケアをしていますか?

 

私が学んだイギリスでは身体を使ったアスリートがスポーツマッサージや整体などでケアをするように、声を使う職業の方がヴォーカルマッサージで発声のためのケアをしています。

 

ヴォーカルマッサージは首・喉頭・舌・顎・肩・肋骨・上胸部の筋肉の緊張をリリースすることにより、呼吸・発声・歌唱・声の持続・肺活量の回復などを目的とした施術です。

 

このヴォーカルマッサージを日本人の骨格・体型・発音に合わせてアレンジしたものが白い鳥の【ヴォーカルコンディショニング】です。

 

声の潜在的なパフォーマンス能力は発声に関わる筋肉の緊張や疲労、使い方の癖などをリリースすることでさらに向上していきます。

 

また【ヴォーカルコンディショニング】でリセットされた状態でボイストレーニング受けることよりその効果を実感できるはずです。

 

 

こんなに口が開くのか!

こんなに舌が動くのか!

こんなに息がしやすいのか!

そんな変化を感じられる【ヴォーカルコンディショニング】でさらなるパフォーマンスの向上を目指しませんか?